MDの給与額の相場はこのくらい

商品の企画から選定、効率よく販売するための戦略から店頭での見せ方、売り上げの分析や市場調査などなど、さまざまな仕事をこなさなければならないアパレルのマーチャンダイザーというお仕事。

企業やブランドにとって必要不可欠な存在となっているわけですが、この仕事は求人は、探してみればそこまで手間をかけずに見つけることができます。

最近ではこの分野の仕事も認知度が上がってきており、積極的に憧れる人も増えてきました。
アパレル業界では、特に女性がMDに興味を持つ人が増えてきているので、求人もそれに伴って見つけやすくなってきているのです。

実際に働く上で気になるのが給与額。
興味がありやりがいが感じられれば給与額は低くても構わない、そんな風に思う人もいるかもしれませんが、あまりにも低いとさすがにモチベーションも上がりません。

この仕事の給与額は、平均年収で見ると、500万円から600万円ほどとなっています。
300万円台の後半や400万円ほどの年収額を提示しているブランドもありますが、逆に、700万円や800万円以上の給与額のブランドもあるので、平均年収で考えると、やはり500万円半ばあたりになるのではないでしょうか。

女性は男性よりも給与額が低くなりがちではあるものの、MDの仕事は決して待遇は悪くなく、女性が得られる給与額としては高めの水準であると言えそうです。

給与額を左右する要素とは

「マーチャンダイザー」として人材を募集しているブランドや企業はたくさんありますが、上でも示したように、それぞれの募集先によって提示している年収の額には大きな差があります。
月給で額を提示しているところもありますが、いずれにしても上と下で大きな差があることは否めません。

同じ職種にもかかわらず、どうしてここまで差が出てきてしまうのでしょうか。
350万円と850万円では大違いですが、その年収額を左右する要素をしっかりと確認しておく必要がありそうです。

ブランドの規模によって、このような差が出てきてしまうことは珍しくありません。
有名ブランドであれば給与額が高くなる傾向となるのは当たり前でしょう。
また、経験者に限定して募集しているところはも提示される給与額が高くなっています。
MD未経験であれば、300万円台スタートもやむを得ないのかもしれません。

仕事内容によっても給与額に差が出てくることがあります。
どこからどこまでの仕事を任されるのか、あるいは責任者として採用されるのか否かでも給与額は大きく変わってくるでしょう。

給与額のチェックは必ずしなければなりませんが、なぜその額なのかの確認も合わせて行うことをおすすめします。

給料の部分も求人サイトでチェック