社会保険労務士・行政書士かけみず事務所は、@労働・社会保険事務手続き、給与計算事務、A採用、賃金、労働時間、退職をめぐる諸問題解決、B就業規則の作成変更や行政調査対応・改善に至るまで、アウトソーシング、人事労務顧問受託、スポット対応、ご希望に応じたサポートを致します。

取扱業務
労働保険・社会保険事務手続きを代行いたします。
具体的には、労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所への提出代行ですから、労働者の入退社時の労働保険、社会保険関係の手続はもちろん、求人募集、年金記録期間照会、労災発生後の保険給付申請など、代行の範囲は多岐にわたります。
労働法令の最新の知識を有する社会保険労務士にアウトソーシングいただき、時間を有効に活用下さい。
ネットの普及により、今や多くの書式やサンプルをダウンロード等で手にすることができますが、貴社にとって最適なものかは課題が残ります。この課題を解決するのも社会保険労務士の仕事の一つです。労働契約書や労働条件通知書、就業規則や社内書式に至るまで整備ができます。
「社会保険料」「所得税」「住民税」の控除のしくみ、計算方法、控除のタイミング、支給に際しては「残業手当計算」「日割計算」「欠勤控除」の方法など煩雑な給与計算ですが、貴社の実情に応じ、給与規程(または計算事務処理基準)を整備し、対応いたします。勤怠集計から給与明細作成まで行いますので、金種表に従い袋詰めし現金支給する、または振込依頼書に従い振込支給するだけです。
人がやる気になる会社は必ず伸びる!

労働者数が10人を超えると、一般的に、自分の働きぶりは正しく評価されているのだろうか?と他人と比較するようになると言われています。
人は、自分の評価を一番気にします。
労働者をやる気にさせるには、公平かつ合理的で納得性のある人事制度が、どうしても必要となります。
助成金は、公的な機関から支給される補助金のようなものです。(返済の必要はありません。)
その助成金ですが、厚生労働省や各都道府県、市町村などたくさんあり、会社および個人は一定の条件をクリアすればその助成金を受けることができます。
ただ、ここで重要なのは、厚生労働省管轄の助成金は、雇用保険料の一部分が財源に使われているということです。
年金記録漏れなど、年金に関する相談が増えています。
年金といえば、厚生年金保険、国民年金、共済年金などが代表例ですが、正確に申し上げると、公的年金とは次のものをいいます。

・障害年金(障害厚生年金、障害基礎年金、障害共済年金)
・遺族年金(遺族厚生年金、遺族基礎年金、遺族共済年金)
・老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金、退職共済年金) 

先生の自己紹介・事務所の紹介など



お問い合わせはこちら

お知らせ
顧客リンク先など
住所福岡県中間市
扇ヶ浦一丁目29−10
TEL093-243-5385
FAX093-243-5386

携帯電話で地図を表示
お手持ちの携帯電話で
右のQRコードを読み取って、
アクセスしてください。
QRコード