大西FP社労士事務所は、労働・社会保険の手続き業務をベースに、給与計算や就業規則の作成・変更、賃金、労働時間、退職や解雇をめぐる諸問題解決のお手伝いなどをサポートする、社外の人事・労務管理の専門サポーターです。大西FP社労士事務所にお気軽にご相談ください。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 大西そろばん教室 楽しくそろばんをマスターしよう! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

取扱業務
労働保険、社会保険事務手続き会社にまつわる「人」に関する業務の事務を代行いたします。 労働者の入社、退社時の労働保険、社会保険関係の手続を全て代行します。 労働法令の最新の知識を有する社会保険労務士に労働保険、社会保険事務手続きや給与計算を任せ、経営者や担当者の貴重な時間をより利益の出る業務に投入してください。
労働者名簿、賃金台帳、就業規則、賃金規定、育児休業規定、介護休業規定などの書類作成を行います。
退職金制度は、終身雇用を保証できない経済情勢のなかで、転職など雇用の流動化が進み、企業側としても、廃止を含め、抜本的な見直しが各企業で行われつつあり、実際に廃止した企業も増えてきています。
人がやる気になる会社は必ず伸びる!

労働者数が10人を超えると、一般的に、自分の働きぶりは正しく評価されているのだろうか?と他人と比較するようになると言われています。
人は、自分の評価を一番気にします。
労働者をやる気にさせるには、公平かつ合理的で納得性のある人事制度が、どうしても必要となります。
助成金は、公的な機関から支給される補助金のようなものです。(返済の必要はありません。)
その助成金ですが、厚生労働省や各都道府県、市町村などたくさんあり、会社および個人は一定の条件をクリアすればその助成金を受けることができます。
ただ、ここで重要なのは、厚生労働省管轄の助成金は、雇用保険料の一部分が財源に使われているということです。
年金記録漏れなど、年金に関する相談が増えています。
年金といえば、厚生年金保険、国民年金、共済年金などが代表例ですが、正確に申し上げると、公的年金とは次のものをいいます。

・障害年金(障害厚生年金、障害基礎年金、障害共済年金)
・遺族年金(遺族厚生年金、遺族基礎年金、遺族共済年金)
・老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金、退職共済年金) 

暗算ができるようになり、
「計算が得意!」から「算数が大好き!」につながることを目標に、楽しく練習をやっています。(幼稚園年長以上)

少人数でアットホームな雰囲気の教室です。
体験入学O.K!事前にお電話下さい。

毎週月曜日  夕方5:30〜6:30
.......................................6:30〜7:30
   木曜日  夕方4:30〜5:30 
            5:30〜6:30 
            6:30〜7:30
月謝(教材費込) 月額 5,000円(週2回)
               3,000円(週1回)
              検定料実費
大西FP社労士事務所の代表の大西正枝です。 大西FP社労士事務所をよろしくお願い致します。



お問い合わせはこちら

お知らせ
無料セミナー・顧客リスト
住所福岡県中間市
中尾1丁目10−18
TEL080-3183-5108
FAX093-246-4351

携帯電話で地図を表示
お手持ちの携帯電話で
右のQRコードを読み取って、
アクセスしてください。
QRコード